人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

アラガンロットって知ってる?(井森美幸は元祖バラドルなんですよ?)

FF14-冒険日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
昔のエオルゼア振り返りシリーズのコンセプト

・ベテラン冒険者さんには、酒のつまみに昔話として。
・現役初心者さんには、自身の冒険のヒントや励みに・・
・FF14を知らない人には、妄想の一助と。。興味を持っていただければ・・
 (FF14は、フリートライアル(無料)で体験もできまぁ~す)
役になったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です

前回のお話
MIP推薦を稼ぐ裏技!?(注:参考になりません)
昔のエオルゼア振り返りシリーズのコンセプト・ベテラン冒険者さんには、酒のつまみに昔話として。・現役初心者さんには、自身の冒険のヒントや励みに・・・FF14を知らない人には、妄想の一助と。。興味を持っていただければ・・ (FF14は、フリ...

これはぴっぴの過去の記憶…
視える力により8年前のエオルゼアを振り返る

マスクメロンくらいの大きさの黒い爆弾。
火薬は使わない変わりに
回せる小さなレバーが付いていて
それは何かと言うと起爆タイマーなのだ。

それを手にして山手線ゲームをする。

お題を答えたら次の人へ爆弾を渡すのである。
もちろん、それが爆発した人が負けなのだ。

何故か、
「ちょちょちょ!ちょっと!早く受け取ってよ!!」
と手に持った爆弾を体からなるべく遠ざけるように腕を伸ばして
次の誰かに渡そうとするも
受け取って貰えず文句を言う
井森美幸の姿が目に浮かんだ。


またまたぴっぴは連行されていた。

場所はというと
察しのいいそこのあなたにはもうわかっているかもしれないが、
ここは大迷宮バハムート邂逅編2層。

名物のアラガンロットだ。
(タイトルに書いてあるし!)

予習などさせてもらえず引きずられてやって来た。

意味もわからず整列を指示され一方的に説明を受けた。

「赤いデバフを隣の人から受けたら
残り五秒くらいになったら次の人に渡すように!」

は(´・ω・`)?

何を言っているのかわからないが
取り敢えずやってみた。

わからないから数名の初見がパニックを起こす。

それは
初見全員が井森美幸となった瞬間だった。

だから…

全滅した。

横たわる井森美幸たちは思った。

(どうして…)

そりゃそうだろう。

そもそも当時のぴっぴは
その秒数がどこに出ているのかわからなかったのだから(≧∇≦)

だから!

奥の手を使うのだ。

自分の両隣に
自分の右腕と左腕とも言える信頼のおけるフレをセットオンっ!

そして指示をするのだ。
偉そうに。

「右腕くん、時間がきたら私に渡したまえ!」

「左腕くん、時間がきたら私から取りなさい!」

自分は断固として動かない。

こういうことをするのがララフェルなのだ。

脳内にコンバットマーチが鳴り響く。

快進撃の始まりの合図だ。

こうして、ぴっぴは下僕の力により
邂逅2層を見事クリアしたのだった。

“〆(^∇゜*)♪カキカキ

実のところ細かい記録は残っていないが
何となく薄い記憶を辿って記せば
こんな感じだったとは思う。

たとえ真実が
ここまでしてもらったのに
転がっていたとしても!

これがアラガンロットの思い出である。

ウリエンジェの秘密?過去視(視える力)してみませんか?
昔のエオルゼア振り返りシリーズのコンセプト・ベテラン冒険者さんには、酒のつまみに昔話として。・現役初心者さんには、自身の冒険のヒントや励みに・・・FF14を知らない人には、妄想の一助と。。興味を持っていただければ・・ (FF14は、フリ...

ほかの記事(日記)が気になったなら・・(´・_・`)  
投稿記事一覧まとめ | 今日も床ぺろ (pippi-yukapero.net)

コメント

タイトルとURLをコピーしました