人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

お姫様抱っこがしたいんです。

FF14-冒険日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レベル不問のお話

現在過去未来・・・ふと思ったレベルに依存しない、そんな話。
やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。

前回のお話
ご利益!大願成就!エオルゼア神社(FF14)
レベル不問のお話現在過去未来・・・ふと思ったレベルに依存しない、そんな話。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。 無人島の開拓をしながらラジオを聞いていたらパーソナリティーがこん...

とあるシーンを見てぴっぴは思うのだった。

もしこの場に彼が居なかったら
誰が彼女を運ぶのだろうかと。

それはとある場所での出来事である。
力を酷使したことで昏倒してしまった彼女。
その見た目はヒューランと変わらない。
つまり一般的な成人女性である。

そんな彼女を運んだのはエレゼンの成人男性だった。

運びかたはお姫様抱っこだった。

そんな二人の姿をララフェルのぴっぴは静に眺めていたのだ。

もし彼がここに居なかったら
自分が彼女を運ばなければならない。

どうやって?

想像してみた。
曲がりなりにも救世主である。
この物語の主人公なのだ。
お姫様抱っこも問題ないはず…。

想像した姿は悲惨だった。
腕力に種族の差は無いからお姫様抱っこは
出来る。
出来るのだが…
ララフェルは足が短かった。

抱っこした彼女のお尻が地面について運べない。

結論として、
サンタさんが袋を担ぐような感じで
彼女を背中に担ぐことにした。

彼女は両腕をだらんと万歳して引きずられるのだった。

いやこれもダメだろう(≧∇≦)

かれこれ長いことFF14を遊んできたけれど
そんなシーンを見た記憶がなく
今回初めて人を運ぶという場に立ち会った気がする。

ぴっぴとゼノスの殴り合いですら
気にならなかったのに
今回初めてララフェルであることを
気にしたのでした。

でも今後、本当にそんなことになったら
どんな風に運ぶことになるのか…

おそらく正解は…

重量上げの要領でララフェルが万歳して
棒のようになった人を運ぶのではないだろうか…。

そんな機会が巡ってこないことを祈ろうと思います

クリアブーツというおしゃれ装備はレベルが高い
レベル不問のお話現在過去未来・・・ふと思ったレベルに依存しない、そんな話。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。前回のお話そこは薄暗くジメジメとしていた。その隅で三角座...

コメント

タイトルとURLをコピーしました