人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

祝!実写映画化「ゴールデンカムイ4期」1話以降感想

スポンサーリンク
◆本ページはプロモーションが含まれています◆
おすすめアニメ
スポンサーリンク
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
スポンサーリンク
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
スポンサーリンク
【dアニメストア】5,300作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!
スポンサーリンク

1話

◆(おすすめ)ゴールデンカムイ (1-31巻 全巻) ↓ 大人買い 
日本最大級のコミック専門サイト【漫画全巻ドットコム】

4期始まりました。
相変わらずコミカルとシリアスが織り混ぜっていて
見ていて引き込まれます。
キャラデザは相変わらず汗臭いのですが
そこにアシリパさんという花が咲いていることで
全体的にバランスとれているのかも。

このご時世で
さらばロシアというタイトルには
ドキッとしました。

あれ?
ロシアの前ってソビエトでしょ?
なんて一瞬思ってしまいましたが
考えたら日露戦争の後ですもんね。
ロシアで合ってるんだった
とか思うと今のロシアのことを
ちょっと考えさせられました。

私は間違いなく平和ぼけなんだと思いました。

今回は運試しを強制してくる新たな囚人?が登場しました。

お前の進むべきが正しければ
死なないだろうから
毒入りのものが混ざった食事をひとつ食べろという。
これはある意味、ロシアンルーレットではないですか?

ここで死ぬようなら
この先も生きていけない

みたいな考えと同じかな?
なんて思ってしまうと
その口車に乗せられてしまうのかも。

運で人生って決まるのかなぁ~

そういう考えは自分に都合よく働くときだけ活用したいと思います。

さて、ひとつだけ難点があります。
原作を読んでいないし、
ブランクもあるので
登場人物の相関がちょっとわからない…

なので雰囲気からまず楽しんでいこうと思います。

スポンサーリンク

2話

凄い!
原作読んでいないからわからないけれど
話の構成が上手い!
牛山サイドは録でもないのにそれも合わせて無駄にカッコいい。

お便所?おべんちょ?を連呼する牛山は
フランケンぽい(≧∇≦)

ここで思い出したのが
昔のファミ通だったと思うけど。

外国人が国分寺駅のホームで
「ここ便所どこ?」
って言いながらうろうろしていて
それを聞いた主人公が
「ここ便所?ここ便所そこ!」
とか返すとまた外国人が
「ここ便所!ここ便所どこ?」
とか会話が成り立ってるのか成り立ってないのか
よくわからない四コマがあったのです。

それはさておき、この運試しのエピソード。
元看守の命の助かり方にしても
土方の助かり方にしても
それぞれの生き様というかさだめというか
そういのが現れていて
感心してしまった。

殺された方は
娘を運悪く亡くしたことで
運というものに固執してしまったようで、
娘を失った時点で壊れてしまったのでしょうね。

元看守の一言が優しかった…。
何を言ったかもう覚えてませんけどね。

今週の話に難をつけるとしたらひとつ!
あまりにもAパートで肛門を強調したせいか
CMのアイキャッチの
ゴールデンカムイの文字が赤く染まっていく様子が
切れ痔による出血のように見えてしまいました。

これは肛門を繰り返し見せたことによるサブミリナル…
いや!
サブミリアナル効果ではないですか!(°Д°)クワッ

はぁ( ´Д`)
ゴールデンカムイは品性がないです…。

スポンサーリンク

3話

何なの!?このアバン…
そこからのアシリパさんの神々しい姿に
切り替わるのやめてください(°Д°)

あんまり私はこの登場人物たちの相関図がよくわかっていない。
それでも面白いのは
わからないから面白いのかな。

誰が味方なのか?
思惑を隠している人が多過ぎて
どうせ相関図を理解していても
そういう部分でわからないのなら
たぶん同じでしょ。

つまりこの物語はそういうところが面白いのでしょう。

海賊の眼帯にはあんな秘密があったのか!
ためになったねぇ~
ためになったよぅ~

そういえば主人公たちが先週に引き続き出てこないなー
なんて思っていたら出てきました。

ひどかったです(°Д°)

やっと出てきたと思ったのに…
視聴がご飯時じゃなくてよかった。

アシリパさんなんか今週も喋ってないんですが…。

今週は松岡くん回でした。

スポンサーリンク

4話

鯉登少尉がどうして鶴見中尉をあんなに慕うのか。
どうせ大した理由じゃないんだろうなと思っておりました。

大変申し訳ございませんでした。

あんな強烈な過去があったのならば
惚れるのも仕方ない。
鯉登少尉の視点から見たらスーパーヒーローにしか見えないじゃないですかぁ。

ネジくれたボンボン気質を少年期に正してくれた恩人が、
今度は命の恩人となるべくして
助けに来てくれたんですよ?

しかも!
ハンサムが過ぎる!(≧∇≦)

でもなぁ…
ちょっときな臭くも感じました。
鶴見中尉の仕込みだったんじゃないかなって。

その辺りは私はアニメ組であり
ぼんやりとした理解しかないので
わかりません。

ハンサムな鶴見中尉と鯉登少尉の父親が
FF14のヒルディ親子みたいで
笑ってしまった。

今週はいい話でした。

スポンサーリンク

5話

今週も面白い。
制作会社が変わるとこうも違うものなの?
それともたまたま原作が面白いところなの?

やっとアシリパさんが登場したかと思ったら
中々酷いAパートだった。
でも白石晴香が楽しそうで良かったです。
時系列的にはこっちの収録が先でしょうけど。

アシリパさんが危惧した火起こしの文化は
マッチが普及した今も残ってるっていうね。
キャンパーに受け継がれています。
当時にしてみたらそう思うのも無理もない。

ただアイヌの文化については中々伝えていくのは難しいみたいです。
私も知らなかったし。

しかし!
ゴールデンカムイという漫画により
スポットが当たることになるから
安心してほしいです。

後半はまたシリアス。
ギャグとシリアスで4期は随分と心を揺さぶってきます。

アシリパのお父さんもキロランケも杉本が言うように
アシリパさんに呪いをかけたようなものだ。
そう思う杉本は戦いを知っているから
アシリパさんを大切に思うのでしょう。

これもまた同時にしてみれば戦争のあった時代だから
戦いのない未来になっていくことを
アシリパさんは知らないので
戦うことを選択することに
今ほど不思議がないのかもしれません。

アシリパさんと杉本が心を語り合うようになって
絆の深まりを感じることが出来た良い回でした(*´ー`*)

スポンサーリンク

6話

熱い展開だ。
チカバシと谷垣ニシパの別れ。
谷垣はニシパを一人の男として涙と共に送り出した。
ここはもうひとつの大人と子供コンビである杉本とアシリパさんの対比みたい。
アシリパさんをどこか子供扱いしている杉本は
そこを白石に指摘される。
白石が熱い!
旅で苦楽を供にしたことで二人に対して愛情が湧いていないと
ここまで親身な意見は言えないに違いない。
もちろん!
鶴見中尉が信用ならないことを知ったことで
自分の分け前が減ることを危惧しているということも
あるのだろうけれど。
鶴見中尉到着前に杉本の横っ面を殴ったのは
この物語において重要なターニングポイントなのではないだろうか。
私はそう感じぜざるを得ません!

鯉登少尉と月島の会話もまた熱い。
月島の心を知ることが出来た。
彼はもう闇オチというかある意味心を壊されているみたいな感じなのかな。
真実を知った鯉登少尉の反応…
あれはなんだろう(ー_ー;)
そのまま真に受けていいのだろうか?

鶴見中尉と土方の読み合いも中々でした。
どちらも相手の意図を理解しているみたいで
つまり結局お互いに取ってメリットがあったということなのかな?
騙し合いも意図を理解してしまえば
騙されることにメリットが生じるということでしょうか。
毒を制すれば何とかみたいな?
(≧∇≦)チガウカ

今回はそれぞれ細切れのエピソードの詰め合わせみたいな回でしたが
それぞれがパズルのピースみたいにはまって見応えありました。

スポンサーリンク

7話

今ちょうどタクティクスオウガリボーンというシミュレーションRPGで遊んでいます。

なので今週のゴールデンカムイは
その1戦闘を見ているようなタクティカルバトルでした。
爺の侍の強いことと言ったら…(°Д°)

土方の言葉が響いたなぁ。
「年寄りを見たら生き残りと思え」
みたいな。
そういえば私も昭和の老人を戦中・戦後を生きてきた逞しい人たちだと
昔は思っていたことを思い出しました(*´ー`*)

土方に先導された若いヤクザは
これを機会に凄い腕前のヤクザになりそうだ…。

緒方は結局あの息子を見逃したみたいだけれど
何故なんだろう?
戦う意志が無かったから殺す価値もないと思ったのだろうか。
弾の無駄だと。

緒方は土方の下に就くのかな?
それでもやっぱり裏切りそうです。

Cパートはなンだあれ?(≧∇≦)
ほのぼのした三人が見れたのは良かった。

スポンサーリンク

8話 ゴールデンカムイが戻ってきたぞ

今さらなんだけれどアシリパさんて
一体何歳なんだ!?
めっちゃ中身が大人じゃないか。

最近見てるアニメが
小学生や中学生の恋愛模様ばかり見ていたせいで
精神年齢というものの尺度が保てない(°Д°)

時代が違うのよね。
今はやっぱり平和でボケてるのかも。

杉本のやられようなんか
普通に立てないでしょ!
杉本だけが特殊なのはわかるけども。
それにしたって…
弾は貫通してるのかしら??
ルパン三世だって自分で手術するレベルだってのに…。

そういう重症って意味では
鶴見中尉の頭はどうなってるんだー(≧∇≦)
脳汁ドバドバ出てたけど(≧∇≦)

これら引っくるめてゴールデンカムイよね。
北海道に帰って来た本編。

テレビに戻ってきたアニメ。

楽しみがひとつ増えました。

スポンサーリンク

9話(44話) くまー

◆色々見られる! ↓ スポンサーリンク エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

怖いわっ!((( ;゚Д゚)))
怪談じゃないですかぁ~やだぁ~

人食いヒグマの話って
たまに耳にすることがあるけれど
どれも恐ろしい。

最近はニュースにもなっていたけど、
ニュースではうわべしか伝えないから
現場はもっと凄惨で悲惨なんでしょう…。

ヘイタ師匠はPTSDから
あんなことになってるのよね?

発端にあったのは砂金取りで欲に溺れた家族。

砂金が人を狂わすのか…
なんてことを考える杉本の横で
ヘイタ師匠を起こそうとする白石。

「どこを探せばいいんですかぁー!」

さすが!白石(≧∇≦)

怪談話の恐怖を和らげてくれた(≧∇≦)

そいえば砂金採集って少し前にニュースでやってたよ。
未だにちょっとした小川で採れるらしい。
でも換金するにはそこそこの量が必要で
どちらかと言うと鉱石コレクションのような
趣味の領域みたいです。

スポンサーリンク

10話(45話) 隠ぺいが簡単な時代

まだAパートしか見れてないけれど
濃い!

谷垣が鶴見中尉に捕まってしまった。
が、彼のことだから最後は杉本たちの味方になってくれるに
違いない。
違いないよね!?

みんなどこか大切なものを守るために
冷酷非道になれるのが
ゴールーデンカムイに出てくる登場人物だから
ちょっと怖いのだけど。

冷酷といえば
久し振りの刺青人皮。

あれは焚き火で乾かしているのよね??

師匠の皮を剥いだということで??
アシリパさんも特に動じる様子もない。

みんな野生でも生き抜くくらいだから
それくらい何ともないのだろうか。

環境が今とは違いすぎて過酷だ…。

ーーー

ふぁ~(;゜∀゜)
仕事が終わってBパートみたんだけど…

冷酷なんて書いてたら
冷酷そのものの話だった(°Д°)

生まれながら…か…。

もうね、この鶴見中尉の回想は
まるでNHKの朝ドラのような
方言が飛び交うほのぼのな感じで…

って思うわけない!(°Д°)

絶対にろくなことにならないだろうと
びくびくしながら見ていたら…

やっぱりかぃっ!(°Д°)

鶴見中尉は新たな駒を手に入れたってことですね。

鶴見中尉はメンタリストなんだろうなぁ。
人身掌握術のようなものが身に付いている。

世の中で一番怖いのは
そういう人なんだ…。

次週…岸壁の母…みたいなタイトル。

誰が知っとるか!(°Д°)

スポンサーリンク

11話(46話) ケンカし終えた男子(命がけ)

逃げる源治郎ちゃんを執拗に追う月島軍曹。
ターミネーター2を思い出します。
月島軍曹が強靭過ぎる!

絶対絶命のピンチに現れたのは
小糸少尉だったのです!

おおお!!!
カツ小西カッコいい…。

ただの坊っちゃんじゃない。
立派な一人の人間だ。

インカラマに懐柔されたような描写はあるけれど
小糸少尉の行動はそれとは関係ないんじゃないかしら。

信念で行動している感じする。

これはギャップなのです。

そのギャップをこの瞬間に感じたから
月島ターミネーターが停止したのです。

以前からこの小糸少尉だったなら止まらなかったのではないか?

人間らしさを一瞬取り戻した月島軍曹は
インカラマに自身を占ってもらう…。

子供を授かるというのは単純なものなのかもね。

今は子供を産みにくい時代。

情報社会だからその情報が出産の邪魔をしている一面もあるのかな。

また当時は男も女も強い。
一人でも生きていく気概がある。

環境は今より悪いのに。

技術の進歩に反して人間の命を繋いでいくという繁栄の力は
弱くなっているのかもしれないね。

そんなことを思ったエピソードでした。

ー追伸ー
一瞬のエラーを起こした月島軍曹は
元のターミネーター月島に戻り
インカラマの占いの結果は聞かないのでした。

◆(おすすめ)ゴールデンカムイ (1-31巻 全巻) ↓ 大人買い 
日本最大級のコミック専門サイト【漫画全巻ドットコム】 ◆色々見られる! ↓ お試しも。 エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

コメント

タイトルとURLをコピーしました