人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

9話(前編):死者の宮殿ソロ攻略編(察し)死者Q汝リベンジャーズ(151F~)

スポンサーリンク
◆本ページはプロモーションが含まれています◆
FF14
スポンサーリンク
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
スポンサーリンク
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
スポンサーリンク
【dアニメストア】5,300作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!
現在のエオルゼア冒険譚

過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。
やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。

前回のお話
8話:死者の宮殿ソロ攻略編(察し)死者Q汝リベンジャーズ
現在のエオルゼア冒険譚 過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。 前回のお話 ぴっぴちゃんビビってる!ヘイヘイヘイ♪ 嗚呼ビビっているさ!...

151Fは世界が違った。
何もかもが白い。
そして壁がほぼ無い。
そのためある程度遠くが見渡せた。

なるほど。
この見通しの良さはせめてもの救済なのだろう。
雑魚処理が難しい中、
視界が遮られていたら攻略は更に難易度を高めていたに違いない。

かといってその侵攻は簡単になるわけではなかった。

巡回している敵を無視して
弱そうなプリンを相手にしてみる。

つ、強い…(°Д°)

ならばと他の巡回していない敵を相手にしてみる。

やっぱつええわ(°Д°)

………

言えたじゃねぇか!

じゃないんですよ!!(# ̄З ̄)

もうこんなんじゃ先に進むのも困難じゃん

(≧∇≦)ぷぷっ

ということで自棄(やけ)になったぴっぴは
遂に巡回している敵に手を出したのだった。

あれ?
よ、弱いじゃないの!(≧∇≦)

こうして始まったぴっぴのラストダイブは
どうやら物理っぽい大きな悪魔のような姿の敵の方が
倒しやすいことを知るのだった。

同様にヤバい敵も身をもって知る。
プリンは攻撃が痛く範囲攻撃をしてこないので
引きうちが上手く出来ない。

そして、ちっこい悪魔はスロウ攻撃が辛い。

スロウを受けると解除手段がなく、
回復も追い付かなくなるのだ。

逃げるしかないのか!?

しかしぴっぴは前に出た!!
逃げてばかりいたら時間がなくなるのだ!

無理してでも攻撃!!

体の動きが遅いなかぴっぴはちっこい悪魔との
殴りあいをするのだった!

そして…

その勝敗はすぐについた。

ぴっぴは床に転がった…。

9話(後編):死者の宮殿ソロ攻略編(察し)死者Q汝リベンジャーズ(151F~)
現在のエオルゼア冒険譚 過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。 前回のお話 ………… ………………… ふっ ふっふっふっ ふぁっ!ふぁっ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました