人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

🈡5話:死者の宮殿ソロ攻略編(察し)俺の屍を越えてゆけ たい

スポンサーリンク
◆本ページはプロモーションが含まれています◆
FF14-冒険日記
スポンサーリンク
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
スポンサーリンク
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
スポンサーリンク
【dアニメストア】5,300作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!
現在のエオルゼア冒険譚

過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。
やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。

前回のお話
4話:死者の宮殿ソロ攻略編(察し)俺の屍を越えてゆけ たい
現在のエオルゼア冒険譚 過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。 前回のお話 「失敗した失敗した失敗した失敗した…」 それは冒険者の嘆きだ...

ぬわぁぁぁぁぁぁーーー!

白い空間に絶叫が色を添えた。

そして…
遅れて静寂が空間を白く戻していった…。

ー先刻ー

すったもんだがありました。

だがしかし!
ぴっぴはやって来ていた。
たどり着いたのだ。

因縁の160Fに。
7回目の攻略で初めて踏み入れたその場所で
ぴっぴは天に召された。
天というより転だ。

そのデュラハンによく似たボスの背後には
7回目のぴっぴが転がっていた。
※イメージです。

「また来たのか?」

デュラハン(仮名)が嘲り声を飛ばして来た気がした。
※幻聴です。

が!
そんなものは今のぴっぴには届かなかった。

何故ならば!!

時間が無いのだから!

残りは10分を切るか切らないか
そのくらいだった。

道すがら入れたリレイズはまだ残ってはいるが、
一回でも転がってしまえば時間的に負けだ。

自己強化、防御強化、秘薬、サキュバスと
素早く割って殴りかかる!!

うらぁー!!!!!

前回の失敗は焦りから視野が狭くなり
安地をゆっくり確認する余裕が無かったことで
結果、横凪ぎに転がされたのだ。

今回はケアルより~普通に~薬に頼った回復~♪を心がけ
なるべくスキルは攻撃に回すことにした。

また前回全く使わなかった堅実魔も使用する!

その効果が現れる!!

逃げ場所を奪うようなギミックのボス戦で
生まれたのは心の余裕だった。

「心の隙間は埋めるもんじゃない!!
持っておくものだ!!」

皮肉なものだという思いを込めて言ってやった!
※言ってません。

うりゃぁぁぁぁぉぉぉぉぉぉーーー!!!

薬をリキャストごとにがぶ飲みしながら
果敢にスキルをがむしゃらに回す!!

ララフェルの腹は薬をがぶ飲み出来るように膨らんでいるんだぜ!!
※嘘です

回せ!!回せ!!

細かく移動しながらスキルを叩き込む!

チラッとバフの残り時間を見る!
残り1分!

そして…攻略の残り時間とボスのHPを
素早くとくいのさんすうを使ってはじき出す!!

その答えは時間ではなく

「なんとかなるかも!!」

だった。

そして…

ぬわぁぁぁぁぁぁーーー!

響き渡る咆哮!

それはぴっぴが自身の屍を越えた証の雄叫びだった。

スン!( ´,_ゝ`)

と、
喜ぶのも束の間
ぴっぴはそそくさと退出して消えていった…。

残り時間は3分だった…。

消えたぴっぴは果たして161Fのフロアに現れるのだろうか…

この時のぴっぴ自身それはわからなかった。

退出しながら叫んだ言葉が残響して
やがて静寂だけが残された。

((((ぼくはもう死にたくありましぇ~ん!))))))))))))))))))))))………………
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

逃亡END!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました