人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

2話:元祖ニュー死者の宮殿タクティクスオウガリボーン編

ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
前回のお話
1話:元祖ニュー死者の宮殿タクティクスオウガリボーン編
ここに至るまでの道のり「みなさんには今回から私の指示に従ってもらいます!」ぴっぴは騎士団メンバーに宣言する。それは前回オートで12階を戦った結果、徘徊するレベル50の中立モンスターのクリスタルドラゴンを範囲攻撃に...

 

ぴっぴは後に語る。

死者の宮殿は10階を越えたあたりから
敵のレベルが40になるから
レベル32や36の時点で
オートで進んでいると
その辺りから途端に難易度が上がるんです。
しかもそこまでは大した装備も落ちていないから
パーティーは一切強くなること無く
難易度が上がることになるんです。

だから!
大半のパーティーは諦めてしまう。

でもね、
そこから先にそこそこの装備が落ちているから
オートではなくて手動で
25階くらいまでを目標にして
進んでみてほしいと私は思います。

そんなぴっぴの指揮の元、
ぴよこ騎士団は遂に目標の24階のショップへと辿り着いていた。

やったー(≧∇≦)
ショップへ駆け込む面々。
中でも魔法職の四姉妹とカチュアとデネブは
新しい魔法をいち早く手に入れるべく
入り口ドアに突進していくのだった。

( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

遅れて入店したぴっぴは
( ゚д゚)ポカーンとしている6人娘に衝撃を受けたのだった。

な、何事か!?(°Д°)

そして気づく。

あれ?
特にめぼしい物が売っていない…。

普段の店との違いは、
ネクロマンサー用の魔法が追加で
並んでいるくらいだった。

ネクロマンサー居ないのに!(°Д°)

だがしかし!
程無くしてぴよこ達は歓喜するのだった。

ここまでの道中で拾った錬成書により
幾つかの装備(主に腕装備)が大幅に強化されたのだった。

思えば道中ではウイングリング1つと
フロートリングも2つ拾っていたから
10階までを周回していた過去と
比べると大幅に戦力強化されたと言っても過言ではない。

あの低層での周回は何だったのか!
無駄な時間だったのではないかと
思うほどの変化がぴよこ達の装備には
現れていた。
(10Fまでの周回はデネブうぃっちのために必要だったんだけどねー)

さて…この後どうしょう?

ぴっぴは今後の進むべく道について
一人悩むのだった…。

3話:元祖ニュー死者の宮殿タクティクスオウガリボーン編
前回のお話ぴよこ騎士団は25Fを踏破した後、死者の宮殿を1Fから入りなおしていた。どれだけ強化できたのか確認のために・・ ーー死者の宮殿14Fーー「あー!(°Д°)」絶叫がこだまする。叫びの主はドラグ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました