人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

5話:元祖ニュー死者の宮殿タクティクスオウガリボーン編

ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
前回のお話
4話:元祖ニュー死者の宮殿タクティクスオウガリボーン編
前回のお話二度目の24階のショップに到着したぴっぴはふと気づく。ん!?んんん!?この杖…つぇぇー!(°Д°)それはそれぞれのエレメント属性の名を冠するワンドだった。前回も確認していたはずだが、特殊...

二度目の死者の宮殿25F層まで行ってみようツアーは
残念な結果となった。

レア装備がひとつも拾えなかったのだ。

リボーンについては賛否両論あるようで
それは主にバフカードが有ることで
運任せで戦略もなにもないとか、
レベルキャップが有ることで
思うように戦えないといった声が多いようだ。

それについては確かに思うところもあるのだが
しかし、運ゲーかと言えば
パラメーターが設定されている時点で運ゲーだと思うし、
レベルキャップについても
平民出の青年が騎士を相手に紛争を収めるのだから
敵は強大で苦難の道のりであることを
表現していると思えば納得がいった。

そんな寛大なぴっぴにもひとつだけ不満に思うところがあった。

それは…

ロマンがない!(°Д°)クワッ

ロマンとは?

ロマンというのは
お風呂に入れるアレのことではないし、
ましてや栗のことでもない。

レア装備集めのことだ。

タクティクスオウガの戦闘の楽しみのひとつが
マップ毎にレア装備を持った敵がいて
それを倒せば必ず手にいれることが出来るという
ワクワクとドキドキなのだ。

そんな戦闘が続くのだから
ロマンチックが止まらない!
それが旧作の良さだった。

しかし、リボーンにはそれがない!

死者Qまで到達した時点で
それっぽいものは
キンキーコルセット一着だけだった。

どんだけぇ(°Д°)
しかもびみょう~( ゚Д゚)

そして今も…
死者の宮殿27階まで降りてきたものの
レア装備が拾えない…

1フロアクリアにそこそこ時間を要するのに…。

難易度高めでもいいんです!
ロマンがあればそれを楽しみにして頑張れるから。

だが…それがない…。
ロマンと難易度とのバランスが悪い。

ロマンとはレア装備。
レア装備が拾えないということは
ロマンチックが貯まらないのである。

そんな不満を力に変えて
ぴっぴはぴよこ達に敵を殴らせていた。
この不満パワーこそが敵とのレベル差4を埋めるのだった。

ん?

お?

ホーリークラウン!?

わ、わ、ワープリング!?

セクシードレス!?

やったー(≧∇≦)

28階でようやくロマンが訪れた。

ぴっぴは歓喜した。

このクソゲーがっ!
と思い始めた頃にポロッと飴ちゃんが
転がっているという絶妙なさじ加減。

ぴっぴはクリエイターの手のひらの上を
転がされていたのであった。

私くらいになると床以外のところでも
転がるからね!と。

「床ぺろ」の二つ名を冠しているぴっぴは
そう語ったのだった。

6話:元祖ニュー死者の宮殿タクティクスオウガリボーン編
前回のお話お?これは…ぴよこ騎士団はまた新たなレア装備を手に入れた。それはウイングシューズだった。移動を飛行タイプにする足装備なのだが誰に着けようか…。ぴっぴは取り敢えずそれを後回しにして装備袋へ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました