人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

百合とファンタジー?「転生王女と天才令嬢の魔法革命(転天アニメ)」1話以降感想

おすすめアニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1話

基礎知識もないアニメの視聴を続けるかどうか?
最近はアニメの本数も尋常ではないし
全てを見るのは難しい。
時間が足りないのです。

だから残念ながら早々に見切りをつける必要があります。

私の場合は録画予約で出るあらすじが第一関門。
そこを通過したら視聴1分を見た直感で決まります。

なので1分で如何に引き付けられるか?
俗に言う掴みはおっけーってやつです。

これは中々良いです。
なになに?どういうこと?
みたいな部分と可愛いのに小汚ないというのか、ビターな感じ。
ビールの苦味みたいな。

あとキャラクター作画も嫌いじゃない。

視聴を続けようと思い見続けること20と数分。

あっという間でした。

主人公の姫様の出自や
弟くん姫様への思い、
誰がヒロインを嵌めたのか?

そんな謎が気になります。

主人公の雰囲気がどことなく錦木千束を思わせます。
リコリコロスにいいかもしれません。

さっさと続きが見てみたい。
1話の私への掴みはおっけーでした。

スポンサーリンク

2話

Aパートは親子の話。
婚約者の親がどんな人かと心配に思っていたんですけど
王様の親友みたいな立場の人でした。

王様と娘のやり取り見て
娘との接し方を省みる婚約者の父。
改心が早い!(°Д°)
普通はもっとこうあれこれといざこざを経て
反省するものなのでは?
しかも娘も何故か父親にビクビクしているということは
余程子供の頃から厳しく育てられたに違いない。
そんな父親があんなに簡単に考えを改めるとは!!
ちょっとそこに違和感がありました。

でもこれギャグ多めのアニメのようだから
細かいことは気にしない♪
ワカチコワカチコ…

会話でユフィ(姫)が
「ですです」と言いましたよ?
転生前はネトゲでもしていたタイプでしょうか?

Bパートは姫と元婚約者の話。
姫がやろうとしていることは
この国の階級をひっくり返し兼ねない劇薬だと
早くも正しく理解する元婚約者。

ん?これはどこかで似たような話が…

あーあれだ。
本好きの下克上でも
凸版印刷の技術を導入しようとして
同じような事を懸念されたんだ。
それが実際に貴族階級を巻き込んで
トラブルになった。

姫のやろうとしていることは
つまりそういう事なんですよね。

この物語は今後、そういうゴタゴタも起きつつ
あの婚約破棄した弟くんとのいざこざが主軸になっていくのかしら?

2話も面白かった。

スポンサーリンク

3話

それぞれの正義に自信をもっていた…

行きすぎた正義は目を曇らす…

みたいなこと言ってたと思うんですけど
これって今の世の中を風刺しているのかしら。

いわゆる正義マンてやつ。

元婚約者が自分を責め立てた人たちへの気づきとして
述べた話に対する王様の意見です。

誰も責めない元婚約者は健気だなぁなんて思っていたら
こんな風刺に繋げてくるとは
驚いてしまいました。

さて、姫様とのイチャコラですけども
今週は魔法剣を彼女へ伝授しました。

彼女の魔法力って、
遠隔魔法と剣へのエンチャントですか!

赤魔導士じゃないですかぁ(≧∇≦)
私と一緒だ。

回復魔法も使えるのかな?
そこはまだ明かされていませんが。

そしてその剣の名前は…

ん?
アルカンシェル!?
ラルカンシェル!?

んん?

シーエールー!!

と思わず突っ込んでしまうくらいに
L’Arc~en~Cielと聞こえたのだけれど、
意味は「虹」って…

L’Arc~en~Cielじゃないですかぁ(≧∇≦)

姫様は転生前はラルクファンだったんでしょうかね。

今週はドラえもんネタとかありました。

来週は何だろう?

スポンサーリンク

4話

フッ!フッ!
元婚約者ユフィは早朝から短剣を振り回す姫アニスを
目撃した。

普段のふざけた雰囲気はなく
真剣な眼差しで汗を滴らせながら
戦闘を想定した型稽古をひとり黙々としていたのだ。

その姿に…

私は思いました。

あ!これはFF14で言うところの
木人を相手にしたスキル回しの練習だ!
と。

彼女の型は我流だという。

つまりはネットを参照した誰もが使うスキル回しではなく
自分でたどり着いスキル回しなのだ。

そんな姿に同じく我流のスキル回しで
遊んでいる私も共感したのでした。

そっか。
あんまり考えたことはなかったけれど
武術の型ってつまりはスキル回しなんだ。

そんなところが今回引っ掛かりました(≧∇≦)

あとは弟の思惑かな。
どういう心理なのだろうか。

姉さえ王位継承権を放棄しなければ
自分は自由でいられたのに…
責任を押し付けておいて自分は好き勝手やり放題なのかよ!

ということなのか、はたまた

姉がもし男なら…魔法の能力があったら…と
姉の王位を望む声が未だに消えない。
自分の方が適していることが明確なのに!
という怒りなのか?

弟くんの望みはどっちなのだろうか?
自分も自由になのか
自分を王位に…なのか。

そこがまだちょっとわからない。

そんな心は姉は知るよしもなく
ドラゴン討伐へユフィを伴い
先に向かっているのだった。

この判断の早さなのよ。

お父さんの
「きゃつ」という単語に驚き
「あんのバカ者ーー!」
もテンプレートで面白かったです。

来週も楽しみです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました