人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

嘘も方便系やりすぎ都市伝説「虚構推理(二期)」1話以降感想

おすすめアニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

13話

第二期の始まりは1話ではなくて
13話なんだ。
先日まで再放送していたけれど
本放送からはだいぶ時間過ぎているような?

1期を見ていない人というよりは
忘れてしまった人のための
おさらいのような回でした。
初見で興味が沸いたなら1期から
見てみるといいと思います。

それにしても相変わらずの岩永節です。
岩永琴子役の鬼頭さんは大変かもしれませんけど
聞いているこっちは長台詞が心地よい♪

目に見えることに人はあれこれと
自分の物差しで判断をするけれど
それが正解とは限らないということを
毎回知らしめてくれる。

虚構推理はその2つが見ていてとても楽しい。
九郎先輩は見ていて辛いですけどね。

しかし、今回の九郎先輩のTシャツは何なのだ(°Д°)?
琴子の趣味なのだろうか?

タカトシのライオンTシャツみたい…

それにしても九郎先輩は
もうちょっと格闘技でも身につけたらいいのにと
見る度に思う。
何か理由でもあるんだっけ?

スポンサーリンク

14話

雪山のほっそい峰?から突き落とされる男。
こんなの普通生きてない(°Д°)
でも生きてた。

そこに現れた雪女に助けられたのだけれど…。

私の場合ですが大怪我した日の夜は
高熱が出るんだけれど私だけ?
そういうこと考えながら見てしまったから
体が冷えてしまいました。

それから10年後。
二人は再開しますが、この男性のその後よ…。

妻に裏切られて離婚して
部下に裏切られて会社を失うって…。

雪山の事故も友人の裏切り。

そういう因果でもあるのでしょうか?

狩野英孝は何マタだかで炎上したけれど
彼の祖先も同じような事をして
神社が炎上したらしい。

みたいなエピソードを思い出してしまいました。

男性に更なる悲劇が訪れるわけで…。
離婚した妻が殺害されて容疑者になってしまう。

雪女のオチと言えば
やっぱり正体を話してしまって殺されてしまうのだけれど
今後の展開はそういう所に行き着いてしまうのだろうか?

寒い部屋で雪女の話は
本当に体が冷えてしまいますね。

夏だったらよかったのに…

スポンサーリンク

15話

物語の展開が凄くいい。
あの室井さんという男がやっぱり犯人なんじゃないの?
と私の心に引っ掛かっていたわけですけど
その疑念がどこから生まれているのかが
自分ではよくわかってませんでした。

それを説明してくれたのが
おひぃ様こと岩永琴子です!

流石(≧∇≦)

なるほど、そういう事を自分は
うっすら感じていたのか。

でもその説明が進めば進むほど
やっぱり犯人じゃないんだねと
室井さんを容疑者から遠ざけていった。

何故なら岩永琴子があのように話すときは
まずはそれが虚構だから。

でも何故そんなことをわざわざ言うんだ?
何を炙り出そうとしているんだ?

そう思わずにいられません。
何故なら私はそこまで頭が良くない(。´Д⊂)

そして真意が明かされる。

人間不信の室井さんをこの事件をきっかけにして
立ち直らせるための虚構だったのか!!

なんたる知恵の神!!

心情や感情や人生や立場…
色んなものをかき混ぜて
ある側面だけを見せておく。

そしてそれを分解して
違う形を構築する。
綺麗に。
本質や真実は変わらないままに。

新たに作られたそれを見せられたら感嘆するしかないでしょ。

それが虚構推理の岩永琴子なのよねー。

面白い。

今週は九郎先輩出番なし!
ゴチ参戦の噂があるけど
ソッチに忙しいのかも(≧∇≦)

コメント

タイトルとURLをコピーしました