人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

IL607の私がエウプロシュネへ行ってきた「冒険編」(FF14)

FF14-冒険日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現在のエオルゼア冒険譚

過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。
やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。

前回のお話
どっちの勝利ショー 煉獄編ピクミン攻略VSシラディハ水道ソロ攻略
現在のエオルゼア冒険譚過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。前回のお話先日フレの付き添いでNルレへ行って...

何だか町ざわついている。

ざわ…ざわ…

ぺろっ!これは新パッチ!

ぴっぴは新パッチが嫌いだった。
やること…やらなければならないことが
怒涛の勢いでやってくるからだった。
いくらお腹が空いていても
バケツ山盛りのラーメンを出されたら
途端に食欲は失せるものなのです。

わんこそば形式がいいんだよー!
(※食べたことはない)

こうしてぴっぴの新パッチ初日は
ログインすることもなく過ぎて行った。
 

ー翌日ー

でかっ!(*´艸`)

ぴっぴは新アライアンスダンジョンの
クエストを受けていた。

やっぱさーダンジョンは旬のうちに行くべきよ!

結局こうなるのはいつもの事だった。

クエストでは新たな神様が現れた。
聖剣伝説で見たような姿なのだが
色んな意味で大きかった。

そしていよいよダンジョンへ申請する。
ぴっぴのアイテムレベルは607。
平均より低いと思われるその装備で
新たな強い装備をもらいに
【未予習】で紛れ込む。

最近のダンジョンはそんなに難しくないし!
何より二日目ともなれば
慣れた人もいるはずだし!

私もそんなに下手じゃないしっ!

それから数分後。
ぴっぴは横になっていた。

早速転がっていたのだ。

ここからがぴっぴの腕の見せ所だった。
飛んできた蘇生魔法に、
【生き返っても危なくないタイミング】を見計らい
起き上がる。

これぞ、ぺろらーの匠技。
起き上がるのは絶妙に上手かった。

そして数分後。
また横になっていた。

起きているのは(戦闘は)絶妙に下手だった。

うーん。
どうも視野が狭くなっている。
反応速度も落ちている。

これが老化だろうか?

老化だろうか!

ダジャレは面白いのに笑えない…。
何故ならぴっぴは17歳女子高生なのだから。

その後、秘技☆ピクミンを発動して
クリアに漕ぎ着けるも横たわった数は4回だった。

ぴっぴはロットで手に入れた腕装備を装着しながら
攻略を振り返った。

「簡単だったな!( ゚Д゚)クワッ」

4回しか転がらなかったのだからと。

こうしてぴっぴの新パッチ二日目は終わった。

ログイン時間は30分。

体力と根気も衰えていたのだった。
この後、布団で横になった。

【ここに来るのは初めてです】(FF14)
現在のエオルゼア冒険譚過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。前回のお話目標というのは高く設定するものである。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました