人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

ポートレート機能設定していますか?(FF14)

FF14-冒険日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現在のエオルゼア冒険譚

過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。
やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。

前回のお話
今日はナンの日?カレーの日
現在のエオルゼア冒険譚過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。前回のお話プロローグこの味がいいねと君が言っ...

パシャパシャ!

眩しい光と共に鳴り響くのは
シャッター音だ。

レンズの先にいるのは言わずもがな
ぴっぴだった。

ひとりには広すぎる閑散としたFCハウスでの
独り撮影会は最近話題のポートレートのために行われていた。

風の噂に聞いたのだ。
ポートレートを見てミップを入れるという人が
少なからずいるという情報を。

ぴっぴは特にミップを必要としていない。
でも単に理由はどうあれ貰えたら嬉しいとは
常に思っていた。

何故なら少なからず何かしら注目してくれたという証なのだから。

ヨシ!

ポーズを決めた写真をポートレートに納め
レイドダンジョンをポチる。

出掛けた先はエウプロシュネだった。

未だに慣れないそこで
ぴっぴは盛大に転がったのだった。

床に横たわるぴっぴは驚愕した!

な、なんだとっ!(°Д°)

寝転がるぴっぴの頭上にポートレートが投影されたのだった。

それは撮影時に色鮮やかに着飾った装備から
色が失われていた白黒のポートレートだった。

これは…

遺影!?(°Д°)

2023年1月。
ポートレートにはそんな機能はない。

しかし!
この先もないと言えるだろうか?

そうこれはいつか来るかもしれない未来日記だった。

ポートレートは床に転がった冒険者の墓標となる。

誰が…どんな見た目の冒険者が転がったのかを
白黒にしたポートレートが
鮮明にするのだった。

は、恥ずかしい(〃艸〃)

ぴっぴのポートレートは
如何にも出来そうな冒険者を装っていたのだ。

現実は無惨にもその化けの皮を剥がす。

うわ~ん(。´Д⊂)

こんなことなら何もしない方がよかった~

例えそれが証明写真だと笑われようとも。

そんな思いをした冒険者が後を絶たず
いつしかポートレートに凝った写真を載せる冒険者は減っていった。

そして気がつけば全員が証明写真となっていたのだった。

これはいつかあるかもしれない未来日記。

そんな未来が訪れるかどうかは
誰も知らない…。

嘘ついてすみませんでした
現在のエオルゼア冒険譚過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。前回のお話1月25日。今日は「お詫びの日」。調べれば...

コメント

タイトルとURLをコピーしました