人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

マウントを夢見て。フィールド・オブ・グローリー(砕氷戦)【騎士団回顧録2】

スポンサーリンク
◆本ページはプロモーションが含まれています◆
FF14-冒険日記
スポンサーリンク
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
スポンサーリンク
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
スポンサーリンク
【dアニメストア】5,300作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!
前回の日記
(FF14PVPフロントライン)プリンセスデー開催で思い出したこと【騎士団回顧録1】
前回の日記 「お、おい!あれを見ろ!」 斧を背にしたルガティンが焦りを滲ませた叫び声で指さした方向に「それ」はいた。 崖の上のポニョ。 予測変換とは便利のようで不便だな・・そんなことを思いながら崖の上のそれと言いたかったのであろう存在は大氷...

ぺろっぴちゃんの一日は新聞を読むことから始まる。

ー日刊吉田新聞(訳:プロデューサーレターライブ)ー

エオルゼア一の発行部数を誇る新聞であり、
また唯一発行されている新聞だ(!?)

いつものようにコーヒーを飲みながら
新聞に目を通していたぺろっぴちゃんは
ひとつの記事に目を止めた。

「お、おい!ぺろりん!!これを見てよ!」

そこに書かれていたのは4.0からのPVPについてだった。

中でも目を引いたのは
・新しいマップは4.1以降
という内容だった。

ぺろりん「こ、これは…」

つまるところ、4.1までのフロントラインの主役マップは
砕氷戦ということを意味するのではないだろうか。

氷マウント(水色のオタマタママウント)取得に
期限的な焦りを感じていたぺろりんにとって朗報と思われた。

更には、
・レベル30から参加可能になる。
・経験値が得られるようになる。
・スキルがPVP専用となりPVEとは別になる。

これならば・・・
4.0直後は新コンテンツもあるから
一時的にPVPは過疎状態になるかもしれないけれど
それらが落ち着いたあとは今以上に人が増えるのではないだろうか。

これにより、ぺろっぴちゃんはひとつの結論を導き出した。

「(マウント取得は)焦る必要は無い!」
※マウント取得は勝ち星の数なので、
 過疎ってしまうと取得が難しくなるのだ。

さてと、もう一度お布団に入ろう(≧▽≦)

ぺろっぴちゃんの一日は
新聞を読んだあとに二度寝することから始まるのだった。

諦めたらそこで試合終了ですよ(FF14PVP)【騎士団回顧録3】
前回の日記 藤井聡太が「王将」を初防衛した。相手はあの羽生さんである。 しゅ、しゅごい…(°Д°) WBCが盛り上がる中から将棋も盛り上がっていたのである。そんなわけで最近、将棋のニュースを見ることが多いですがそこで目につくのが、「参りまし...

コメント

タイトルとURLをコピーしました