人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

犯人は誰?サスペンス付パリピ孔明?「推しの子」1話以降感想

スポンサーリンク
◆本ページはプロモーションが含まれています◆
おすすめアニメ
スポンサーリンク
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
スポンサーリンク
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
スポンサーリンク
【dアニメストア】5,300作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!
スポンサーリンク

1話 異世界転生

◆【推しの子】 (1-11巻 最新刊) ↓ 大人買い 
日本最大級のコミック専門サイト【漫画全巻ドットコム】

実はこのアニメは見るつもりありませんでした。
フレさんが勧めてくれたのであらすじを見たんです。
その結果、ちょっと無理かも・・・と。

理由は、ドルオタが推しのアイドルの子供として転生するから。
キモ~と思ってしまったんですねぇ。

無職転生のイメージが沸いてしまったんです。
(無職転生は見続けていますけど)

ところが1話の放送直後から大反響だったじゃないですか。
気になるじゃないですか。

はい。時間取れたのでdアニメで見てみたんです。

無職転生ツインターボでした( ゚Д゚)

しかし!
アッチと比べるとコッチのアクア君は理性的なのでキモくなかったので
物語に集中することができました。
ルビーはアレだけれどでも前世女子だからまぁ。
(アッチは美人の母親だと大喜びしてチチ吸ってましたからね)

1話は壮大なプロローグです。

ラストは壮絶。
人の一生の幸せには総量が決まってしまっているんじゃないかと思ってしまうほどにあっけなかった。
世の中に背を向けて育ってきた人が心の底から幸せを願った時に悪魔がほほ笑むんです。
幸せをつかめる高見まで連れていって手が届いた瞬間に命を奪うんです。

彼女は自分がウソツキであることを連呼していた。
そうやって生きてきたのかもしれない。
そのツケなのかと思ってしまう悲しい最期だった。

そういう風に感じてしまった自分が卑しく思えたそんな1話でした。

スポンサーリンク

2話 血は継がれる

子供たちは成長していた。
社長夫婦の子供として。

いつのまにか母子としての主従関係が正常になっている。
どんな成長過程だったのか想像すると面白い。
ルビーは所詮子供なのでアクアか母親に自然と教育されたのかも・。

とはいえ赤ちゃんなのに言葉を話した事実は消えません。
そこについては今更触れてはいけないに違いありません。

さて、この物語の核心ともいえる犯人はいったい誰なのか?
オタク的視点で考えてみましょう。

◎犯人が近くにいるパターン
社長がいなくなった。どこへ消えたのか?
社長が犯人だとは思いたくないし考えにくいのは確かである。
でも社長はアイを殺したかったのではなくて別の意図で情報をリークしていたのなら?
その結果、アイが殺されてしまったのなら・・・?

もしかしたら監督!?
監督は全く犯人のそぶりはないしましてやとてもいい人である。
でも突拍子もなく犯人にされるシナリオもなくはないのです。
だって監督が犯人だったら衝撃的じゃないですか!

◎犯人が後半に出てくるパターン
物語の後半から出てくる新キャラが犯人とかのパターンもあります。
その場合は、今まだ登場していないということになりますネ。

◎父親は犯人ではない
一番怪しい人は犯人じゃないです!
というのがサスペンスの常識です。
からの~ ってことがなければw

◎双子は遺伝する
アイの家系は謎なのですがソッチに双子がいなければ父親の家系に双子がいるかもしれない。
父親が犯人かどうかはわからないけれど父親はきっと双子の家系に違いありません!

◎転生してるのはオマエたちだけじゃないんだよパターン
二人も転生してるなら他にもいないのかしら?
例えばですけど、アイってあれで終わりですか?
4歳下のアイドルとかが登場したらそれはアイかもしれません。
(さすがにそんな展開はないですかw)

戯言はこのくらいにしておきたいと思います。

そいえばエンディング担当がミステリアスな女王蜂さんでした。
ちょっと気になるバンド(?)です。

スポンサーリンク

3話 重曹ちゃん

重曹ちゃんは健気ですね。
でも家庭が複雑なのかな?って思います。
あー…よく聞く子役の親が夫婦関係悪くなってしまうとかいうやつなのでしょうか…?
闇を抱えてそうでその捌け口というか逃げ場所というのか
居場所というのかが役者しかないのかも。

だとしたら悲しい。
芸能界というのはこういう場所なんだろうなぁと
私なんかはすぐ鵜呑みにしますからね!
監督がクソですが彼も夢見て業界に入ったと思うと業界がもう病んでます。
それと比べるとアクアが師事している監督はまともな大人です。
監督のお家はこの物語のオアシスに違いありません!

ところでアクア君が拾った吸殻って
他人のでした!
ってことにはならないのかしら?
そこはご都合主義で割愛ですか?
伏線だったら笑ってしまうけれど。

さてアクア君が役者としての実力を発揮するのかしら?
だとしたらめっちゃかっこ良くて熱い展開です。
でも鳴かず飛ばずだったことを考えると果たして…。

続きが楽しみです。

スポンサーリンク

4話 濃いバナ

情報濃い!
どこ切っても味がつまってる。
まるでアニメの金太郎飴や~(≧∇≦)
表現合ってるだろうか?

◆アクアパート
アクアはやっぱり天才じゃん。
医者としての経験ももちろん生きてそう。
アクアは演技を周りに合わせることなく利用して引き出した。
重曹ちゃんは周りに合わせることで調和を取った。
重曹ちゃんはアクアのようなことが出来ただろうか?
出来たかもしれないけど発想が無かったのかも。
だからそんなアクアに重曹ちゃんは心を奪われてしまったのでした!
うひょ~(*´艸`)

でもそんな重曹ちゃんの相手に合わせる演技力って
その筋のプロならわかるんだね。
原作者の先生も漫画のプロだから
役者の機微で色々感じ取れるのかも。
と、思うと業界内でも当然ながら
彼女を評価する流れが出てくるかもしれないね。

性格をもうちょっとこうなんというか
直した方がいいかもしれないけれど
そこも魅力なのかもしれない。

なおあのイケメン君は
最終回の評価に勘違いしてしまい
天狗になったあと大きな挫折を味わう…
のかどうかは知りません。

◆ルビーパート
このピンクの子、みなみちゃんの声。
聞き覚えある?誰だ!?
羊宮妃那だった!
またキミか!(°Д°)
今年は飛躍の年ですね~。

それはさておき
ルビーパートに出てきた不知火フリルって
私はしらぬい…(知らない…)

ハハッ

今の芸能人に例えると誰だろう?
最近はグループばかりだから思い当たらないけれど
昔で言うと中森明菜みたいな感じだろうか?
(昔すぎましたか?)

ルビーだけ一般人…たしかに。

そんなルビーに不知火フリルが
何かを感じた…。

なんてことは無かった!(≧▽≦)

つまり不知火フリルって売れっ子だけれど
人の能力を見抜くような能力はないのかしら?
私はエメラルドの瞳が苦手です。

そして!
やっぱり重曹ちゃんは同じ事務所になるのかな?
彼女は性格がちょっとアレだけれど
アクアたちとの相性がいいと思うから
事務所に入ってくれたら私は嬉しい。

最後に・・・
Aパートでアクアの凄さを実感したあとに入ったCMで
アイの姿を見て思ったのは
やっぱりアイって凄いアイドルだったんだなーと。
今更ながらに思うというのは1話が物凄く丁寧に描かれていたからなんだと
改めて思ったのでした。

どれくらい偉大に感じたかというと
最近では思い当たらないのだけれど
昔で言うとリン・ミンメイかなぁ。
(昔すぎましたか?)

スポンサーリンク

5話 テレビの裏側

アクアパート
恋愛ショーの裏話ってさ…
見たことないけれどあのフジテレビのアレを思い出してしまった…
ディレクターの話を指示として取るかどうかみたいなところは
制作側はヤラセにはしたくないんだけれと
「わかってるよね?」
みたいな圧かけてるのかなって。

こうして改めて裏側を見せられると
テレビはヤラセばっかりなんだなって!
思ってしまうような私みたいな人はチョロすぎるのですよ?
手のひらクルクルじゃなあですか!
詐欺には注意しましょう♪

ルビーパートの方は
寝起きどっきりの話は
めちゃイケ思い出しました。
先に寝起きどっきりを伝えておいて
如何に面白く引っ掛かるかみたいな企画。
ヤラセを逆手に取った企画ですね。
めちゃイケは今見ても面白い…。

筋肉の人は中々良いことおっしゃる。
アレが年収一億の配信者の言葉か…。
覆面アイドル路線でもいいんじゃないかと思ったけれど
それClariSがやってるし…
新しい戦略は難しいのです。

あの流れからのユニット名は
てっきり「筋肉少女隊」で!
と思ったけれどこれもまたダメだよねって…

そしたら「B小町」だって。
ある意味同じ路線の発想でした(°Д°)

インパクトはあると思います!
当時のメンバーをバックダンサーにでもして
従えたらいいんじゃないの?
OBバックダンサーズとか言って。

このユニット名にしたことで荒れそうだけれど
むしろそれで正解なんだろうね。

それより気になったのは
ルビーの芸名は星野ルビーで
B小町でしょ?

星野はいいのかなって。

アイの再来!とか言って話題になるのかなぁ。

芸能界の裏話と売れていく過程の物語って
いつの時代のものでも面白い♪

スポンサーリンク

6話 努力が空回りしてしまう人・・

まさか…まさかまさか!?
炎上からの…死んでしまうの!?
とハラハラが止まらず
良いところで終わった(@ ̄□ ̄@;)!!

あの事件を思わせる内容で
攻めてるなぁとは思うけれど
これが今の時代の問題点だから
避けて通れない話なのかも。

この先はもしかしてアクアが
あかねを救うのかな?
もちろん番組の中で。
少なくとも誤解を解く程度には。
そこまでの役者パワーがアクアにあるのかってところが
見所ではあるけど
そもそもそういう展開になるのかは知らない(≧∇≦)

そうなってほしいけどね。

名前忘れたけど顔に絆つけられた子は
(やっちまいましたな!ククク)
みたいな心の内だったらどうしょう(-_-;)

炎上するのわかってて
自分はなにもする必要がないから
いい人のままでいればいいと…。

ひぇー(>_<)こわっ

でも本当にいい人なのかもしれないし。
どっちだ!?

人の裏表ってわからないものです。

しかしそれが丸見えなのが
ネットなんだよね…。

こわっ!

丸見えにするな!
とルビーに注意する重曹ちゃん。

ネットの怖さを改めて見せられた回でした。

ところでめむちょ?って
オープニングだと重曹ちゃんの次くらいに出てくるけど重要人物?
僕ヤバでいうと関根みたいな感じで好感持てるんだけど?
アクアにとって味方であってほしい…

スポンサーリンク

7話 黒川あかね

うーん…
流石に世間での評価が高い漫画だけはある。
アニメ作画や脚本のクオリティの高さもあるのかもしれない。

なんて唸ってしまう(°Д°)

アクアによる反転攻勢が始まるのだろうと思ってたけれども!

思っていたよりも共演者たち仲が良かった。
あの腹黒い子は底が読めないけども!
というのを警察に駆けつけた仲間たちを見て思った。

思ったついでに思ったのは、
私がこの見てきた彼女たちの一連の流れ全て、
こっちの方がリアリティーショーじゃん(≧∇≦)と。

そんな思考を読まれたのか
アクアがそれを世に流すのです。

それがアクアの反転攻勢なのでした。

黒川あかねはそれでも
マイナスがゼロになるくらいで
このまま物語から消えていくキャラなのかなって
思ってたら…。

ゼロどころかとんでもないじゃない!!
(飛んでなくてよかったよ!)

アクアが黒川あかねにアイを見てしまうほどの演技力。

つまり彼女の演技力は
北島マヤじゃないですかぁ!
アクアの目が白目に…
はなってませんがきっと思ったことでしょう。

黒川あかね…恐ろしい…子(°Д°)

と。

本当に恐ろしいのはそのプロファイリング能力。

ストーカーかと思ったじゃない((( ;゚Д゚)))

この子真面目すぎる。
一つの方向に向いた時の集中力が。
力の加減がわからない人みたい(°Д°)

この能力でアイの真実に一番早くに到達するんじゃないの!?
アクアのことも気づいたり!?

物語からフェードアウトするかと思ったら
パワーアップして帰って来るとは…。
瞳に星(2つも!)まで宿して…。

さて、テラスハウスの件ですけど
私は当時はニュースで見たくらいで
詳細は知らない。

それでも6話はそれを思い出した。

この物語は
番組制作の裏側を見せて
何が問題だったのかを
批判する内容になっていると思う。

けど、遺族の思いもわかるかな。
また掘り返されたような気分になるもの。
まだ受け入れられないという感情を理解しないといけないと思うのです。

最初は私も「反応するの!?」
と驚いたけれど。
でもそれが被害者と他人との差なのかなと。

自分が遺族なら
事件をトレースしたような物語を
後から聞いてから見れるかどうか…。
それがアニメというジャンル的には娯楽で扱われているならば…。

物語の中では
今の発言はネットでは炎上しちゃうから
言葉には気を付けないと!
なんてシーンが二ヶ所もあったけれど
他人に真意が伝わりにくいっていうのは
今回の騒ぎも同じかなと思った次第です。

スポンサーリンク

8話 推しの子ED

こ、これが芸能…界…(°Д°)

出てくる人間が全員ただ者ではない。

才能の集まる場所…なるほど。

こんな世界は心が強くないと
人間不信になってしまう(°Д°)

芸能界こっわ((( ;゚Д゚)))

そんな闇が渦巻く芸能界という大海を
アイを求めてさ迷うアクア。

重曹ちゃんはそんなアクアの羅針盤みたいな存在なんだ。

アクアが方向を見失いそうになると
重曹ちゃんが立ち位置を再確認させてくれる。
そんな存在?

特別な位置付けにいる女。
それが有馬かななんだ!!

そう!特別な女なんだよ!!

でもこういうのは俯瞰してるからわかるのであって
渦中の本人はわからないものです。

特に恋に足を突っ込んでいる者には…ね。

イチゴプロはさ、全員みんな生涯一緒に暮らしたらいいんだよ。
1つ屋根の下で。
それが一番しっくりくる。

オープニングで新生B小町が|д゚)チラッと映ってて
三人いて、有馬かなとルビーと…
あと1人だれ??

ってなってたんです。
髪が短いからアカネではないのか…?

なんて思っていたら
メムチョだった(≧∇≦)

有馬かなとルビーとの邂逅が楽しみだ。

今週はYouTubeで推しの子EDが大量に流れてきて
それを結構見てしまったから
ラストは感動的だったのに
同時にふふってなっちゃったでしょ!(>д<)ノ

反省してほしいと思います。

スポンサーリンク

9話 パリピ孔明ちっくなルビーパート

めむちょの告白を聞いていた重曹ちゃん。

「話は聞かせてもらったぁー!」

ってネットミームかよっ!(≧∇≦)

次いでルビーの
「憧れは止められねぇんだ」

ってナナチかよっ!(≧∇≦)

ま、どっちもちょっと違いましたけどね。

めむちょってそもそも才能があるんだろうね。
ネットのインフルエンサーになれるってことは
人を惹き付ける魅力があるわけで、
それってアイドルの必須条件と思います。

ちなみに私のTwitterフォロワー数は
250人!!ドャァ(≧∇≦)

めむちょは結局サバ読んだままアイドルやるのかな?
だとしたら割りと爆弾ではあるけれど、
上手くやれば話題になる切り札とも言えるかも。

炎上を逆手に取るのは
この人たち得意そうだもの。

ルビーたちのアイドルパートは
このままドキュメンタリーにしたらいいじゃない。

ガチドルです!

三人の友情・努力・勝利を追うんですよ!
って今まさにそれ見せつけられているのだけど。

そして突然流れる有馬かなMV。

導入の上手さと相まって鳥肌が立ってしまった。
歌はそれなりの上手さではあるけど
それでも上手く感じたのは
見せ方に心を持っていかれたからだと思う。

そう!これが演出!

演出により魅力が引き立つってのが
よくわかる。

これが芸能界なんだなーと。

重曹ちゃんは今おそらく長いスランプなんです。
何かきっかけがあれば覚醒する可能性も!?
しないまま終わることも。。。(身も蓋もない)・
でも今のところ一番魅力的なキャラは重曹ちゃんなんだよね・・。

何だかアイドルパートはパリピ孔明みたいです。
アクアパートのサスペンスもあって
一粒で二度美味しいから
この作品が人気あるのも頷けます。

(  ̄- ̄)あ、終わっちゃった…

ケチをつけるとしたら
1話が短い!!

◆【推しの子】 (1-11巻 最新刊) ↓ 大人買い 
日本最大級のコミック専門サイト【漫画全巻ドットコム】
スポンサーリンク

10話 有馬かなの憂鬱

重曹ちゃんの闇は深い。

経験というのは良くも悪くも心に作用するもので。
その経験値が精神年齢を増やしていくのであれば
有馬かなはもうくたびれた中年だ。

でもいつかその経験が生きる時が必ず来るし
生かす方向へ持っていかないといけない。

その転換を世間では覚醒というのかしら。

そのきっかけって時々やって来るもので
視覚的に例えるなら
太鼓の達人みたいなものではないでしょうか!!

あのラインに流れてくる○ですよ!

あれをタイミングよく叩くことで
リズムを取り戻せるんです。

有馬かなラインには
○の形したアクアがなんだか流れてきていたのに
スルーしてしまっていたのです。

今回は○の形したルビーを叩いたんですね!

なんて解りやすい例えなの!(≧∇≦)
※解りにくい

重曹ちゃんの手を取るルビーは
やはりアイの娘なんだということを
感じさせました。
面影があった。

来週はどうなるんだろうか?
まだ彼女たちに才能の片鱗のようなものは感じられないのだけれど。
ステージに立つことでそれこそ覚醒するのだろうか。

ルビーがね。

そしてそれきっかけで
センターに立ったりして!?

スポンサーリンク

11話 最終回 推しの子

おもしれぇ女とはコリコリ固まってるのかもしれない。
自分の世界に閉じ籠っている。
例えるなら動物園の動物とか
水族館の魚みたいな。
それを外の世界から眺めたときに「面白い!」ってなるのかも。

それは自分の世界と違うものだから。

ここで言うおもしれぇ女ってのは
もちろん重曹ちゃんこと有馬かなのことですけど。

そんな姿を外から見ておもしれぇ女と
思っているのはアクアではなくて
視聴者なのです。

アクアはというとやっぱり
同じような闇の中をさ迷っているから
おもしれぇ女とはならないのかなと。

だからこそ有馬かなにだけ自然体になるのかもしれない。

けども有馬かなはほんとに…
手のひらくるくるのチョロチョロなのはいいけど
マウントとりたがりなところは
どうしようもない(≧∇≦)

それは幼少期の二人の出会いに起因するから、そう思うとこの二人は子供時代からやり直しさせてあげたい。
全てを。

数年後の推しの子は
アクアと有馬かながルビーの子供に転生したらいいかもね。

タイトルは「推しの子の子」です。

さてルビーの方はというと
こっちは明るく育ったもんですね。
光と闇。
アクアが闇を引き受けてくれたと思ってもいいのかも?

私はルビーのアイドル大成期を見てみたい。
一期では殆んど活躍の場が無かったし
アクアもルビーも目標が違うから両方は中途半端になってしまうのかも。
でもそしたらルビーがいる意味はなんだ?となる。

ルビーはこの先、アイドルとして成長していく。
それを陰から覗く謎の人物。

その人物は呟くのです。
そろそろ頃合いか、と。

我の器として成熟した今、
ルビーを我が身として転生せし!

そう、数年後、アイがルビーの体に転生してくるんですよ!!

推しの子が推しの子になるんですよ!!

その後は私にもわかりません。

これが私がアカシックレコードを覗いた未来です。
(原作者にかけて(≧∇≦))

信じるか信じないかはあなた次第です(o^-‘)b !

あ、ちなみに犯人は看護師さんです。ふふっ

◆色々見られる! ↓ お試しも。 エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用 ◆【推しの子】 (1-11巻 最新刊) ↓ 大人買い 
日本最大級のコミック専門サイト【漫画全巻ドットコム】

コメント

タイトルとURLをコピーしました