人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

6話:死者の宮殿ソロ攻略深層直前編(察し)シャイニング!

スポンサーリンク
◆本ページはプロモーションが含まれています◆
FF14-冒険日記
スポンサーリンク
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
スポンサーリンク
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
スポンサーリンク
【dアニメストア】5,300作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!
前回のお話
5話:死者の宮殿ソロ攻略深層直前編(察し)シャイニング!
前回のお話 一頻り再開を喜んだぴっぴとぴっぴはちゃぶ台を挟んでお茶を飲んでいた。(※イメージです) 「それにしてもよく無事で…」 「そっちこそ」 「ここまで来るの大変だったろう?」 「うん。でも君の記憶が助けてくれたんだ。」 二人は体験の記...

ぐはっ!

ぴっぴの呻き声が深層の静寂を荒らして
その数秒後に何事も無かったかのように
静けさを取り戻し辺りは闇に包まれていった。

ー1時間前ー

161F層を先行したのはぴっぴ2号だった。

二人で相談した結果、ここまで登り詰めてきた勢いのまま進んだ方がいいという結論に至ったのだ。

道中にわくモンスターはほぼ恐竜の姿をしていた。
その姿のイメージのままに強く、
そして硬い。

倒すのも一苦労である。
足を止めて殴られた場合、攻撃にもよるのだが
HPが半分くらい削られてしまうのだ。

だから!

こまめに!

回復を!!!

するのだっ!!!

と、イメージ的にはこんな感じで攻撃をしながら
逃げ続け
そして秘薬もケチることなく使っていく。

それでもやはりケチるのだけど。

そしてピンチを招くのだけれど!!(°Д°)

しかしぴっぴ2号は転がることは無かった。

経験が生きている!

ぴっぴ2号は自信を持った。

ただ運が良かっただけなのに。

いややはり作戦は確かに効いているようで
魔土器も少し大胆に使いつつ
アップテンポなノリノリな曲が背中を押して行ってくれていたことは紛れもない事実だ。

そして…
すったもんだがあったものの
170Fボスの部屋に到着した。

残りは8分。

微妙な時間にぴっぴ2号は初めて顔を歪めたのだった。

4秒で支度を済ませ殴りかかる!

そしてその時はやって来た。

ボスのHPが30%を切った頃…

ぴっぴ2号は床に転がったのだった。

それは自身の回復より攻撃を優先した結果
だった。

時間を気にしたことで焦りが出たのかもしれなかった。

転がった瞬間に思わず

「あーーーー!!!死んだ!!!」

それはぴっぴの中の人のリアルな叫びだった。

その声が上がったと同時に

「ぴょょょーーー!!」

聞いたことのない鳴き声が飛んできた。

リアルペットのリアルインコだった。

「何事!?大丈夫か!?ご主人!?」

そんな声に聞こえた。

振り向いて言葉を返す。

「死んじゃった…(;´д`)」

何度も失敗は繰り返しているものの
やっぱり死者の宮殿での失敗の瞬間だけは
慣れることはない。

その一瞬に心臓がきゅん!となるのだ。
きゅん死である。

そして何事もなかったのように
ぴっぴ2号は一人クオーリーミルに放り出されたのだった。

その光景は何度見ても何とも言えない景色なのである。

ぴっぴ2号は
死に戻りしたのではない風を装って
そこからそそくさと立ち去ったのだった。

🈡7話:死者の宮殿ソロ攻略深層直前編(察し)シャイニング!
前回のお話 あーなるほど… 薄れ行く意識の中でぴっぴ1号は理解した。 ・・・1時間前・・・ ー逝ったか…ー 体に痛みが走った。 それはぴっぴ2号が死者の宮殿から放り出されたことを意味していた。 時間にしておよそ一時間。2号と別れてから経過し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました