人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

1話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編

スポンサーリンク
◆本ページはプロモーションが含まれています◆
FF14-冒険日記
スポンサーリンク
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
スポンサーリンク
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
スポンサーリンク
【dアニメストア】5,300作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!
今までの死者の宮殿シリーズ(他)
死者の宮殿・エウレカ・PVP・無人島開拓攻略日記まとめ(シリーズ一覧)DD(ディープダンジョン)FF14
死者の宮殿(FF14) ◆本家 死者の宮殿で遊びたいなら・・ (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b=b||function(){arguments.currentScr...

グリダニアのカフェに座るララフェルは
何も注文していなかった。
ただ涼しんでいたいだけの迷惑客だ。

「あれ?よくここにいるのがわかったね」

目の前に現れたメスラにそう声をかけた。

「何となくここかなって」

「あらま!」

そのメスラに
迷惑客なララフェルことぴっぴは
流石は秘書だと感心するのだった。

~1年前~

ぴっぴと秘書はエウレカを後にした。
秘書が御所望のキャシーイヤリングを手に入れたためだ。

その翌日。
秘書が両手を腹の辺りでモミモミしながらやって来た。

「ぴっぴちゃんぴっぴちゃん」
「なんだい?マイフレンド」

なんのおねだりをされるのかと思って聞き返す。

「ファイアクレストイヤリングっていうのが欲しいんです!」

「あらま!」

キャシーイヤリングを手に入れて1日で
こんなおねだり…

悪くない!!

ぴっぴは冒険が好きだった。
どんなカオスな冒険が待っているのだろうか。
ぴっぴは胸を踊らせた。

しかし…

それから秘書は来なくなった…。

キャシーイヤリングが欲しいんです
とある日。フレさんが声を掛けてきた。 「ぴっぴちゃんぴっぴちゃん」「なんだい?マイフレンド」 なんのおねだりをされるのかと思って聞き返す。 「キャシーイヤリングっていうのが欲しいんです!」「ほうほぅ・・・」 説明しよう!(謎の声)キャシーイ...

~~~

それから1年後にふらっと現れた秘書に
そうするのが当たり前のように
ぴっぴは問うた。

「どこか行きたいところある?」

そして秘書もそれが当たり前のように
答える。

「死者の宮殿に行きたいです」

「あらま!」

そんなやり取りのあと、
ぴっぴと秘書はクオーリーミルへテレポしたのだった。

やっと行ったわね…

その言葉は誰でもない。
ラーカインカフェ店主の
ミューヌの呟きだった。

あのララフェルは出禁にしよう。

彼女はぴっぴの名をブラックリストに記帳した。

2話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編
前回のお話 ぴっぴは疾走する。 普段のダンジョン攻略では決して使わないスキル「スプリント」を使用して。 少し前ぴっぴは秘書に選択権を与えていた。 「作戦は?」 「作戦…!?」 「ガンガンいこうぜ!とか、いのちだいじに!とか…【おれにまかせろ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました