人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

3話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編

スポンサーリンク
◆本ページはプロモーションが含まれています◆
FF14-冒険日記
スポンサーリンク
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
スポンサーリンク
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
スポンサーリンク
【dアニメストア】5,300作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!
前回のお話
2話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編
前回のお話 ぴっぴは疾走する。 普段のダンジョン攻略では決して使わないスキル「スプリント」を使用して。 少し前ぴっぴは秘書に選択権を与えていた。 「作戦は?」 「作戦…!?」 「ガンガンいこうぜ!とか、いのちだいじに!とか…【おれにまかせろ...

視線を感じる。
とてもねばっこくてじっとりとした視線を。

( ̄ー ̄)…ムスッ

それはぴっぴに向けられた秘書の視線だった。

「私は?」

耐えられなくなったのだろう。
遂に秘書が溢した。

その声音は不満で満たされていた。

遂にバレた!(°Д°)

「いや…ほら…こうするのが最効率だから…」

嘘ではない。
ぴっぴが一晩考えて出した結論だった。

既に40Fを過ぎた道中で二人は何を揉めているのか?

VTRを見てみよう。

ーーー

某所にて…

パカッ!

ササッ!

そしてまた違う某所にて…

パカッ!

ササッ!

ーーー

それは箱を開けたぴっぴが
その中にあった自己強化や防御強化を
素早く【上書き更新】する姿だった。

その速さに
これは誰にも渡さない!私だけのものだ!
という意思を秘書は感じていた。

「私は?」

秘書の問いとは

「ぴっぴちゃんは既にバフが付与されているのに
どうして更新するんですか?
私はノーバフなんですけど??
私はバフ付けなくていいんですか??
てか、付けられるものは何でも付けたいし
拾えるものは何でも拾いたいのが私ですけど!!!」

ということなのである。

これを一言「私は?」で済ませた。
ぴっぴにはそれで通じるのだから。

「だってあなた強化値一桁だし、
私がタンク兼DPS兼ヒーラーをするためには
火力も防御も私だけが更新し続ける方が
無駄がなく効率的でしょう?」

それに「ガンガンいこうぜ!」って
あなたが言ったじゃないですか(´ー`)σ

と諭す。

しばしの沈黙のあと、秘書が発したのは
「ガンガンいこうぜ!」
という言葉だった。

む!?
わかってくれた…のかしら?

そこから進むとまた箱があった。

パカッ!

サ…

サササッ!!!!

(о´∀`о)

待ってましたとばかりに
自己強化を発動させてドヤ顔の秘書に
やれやれと思うぴっぴ。

まぁいっか。
まだここは低層なのだ。

「私たち二人で200Fまで行けますかね?」

「そうだねー秘書次第かな!」

そんな会話を道中したことを思い出す。

ぴっぴはうそぶいたのだった。

170Fまでは行けるはず…。
ただその先は…。

そこまでは楽しくやっていこう♪

ソロで未体験ゾーンへの不安を
今は胸の奥にしまいこむのだった。

4話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編
前回のお話 「今から君たちには殺し合いをしてもらいます!」 コマネチ! のポーズを首を傾けながら決めてぴっぴは宣言した。 と、言いますと? と言いたげな秘書の視線を受けてぴっぴは続けた。 「私が死んでしまったら秘書がひとりで生き抜かなければ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました