人生、七転び八起 最後に起きてたらいいんじゃないかな ~ FF14を遊びながらサイトを育成していく雑記ブログ ~

2023-08

Featured Video Play Iconゲーム

「領都編」ドラゴンズドグマダークアリズンゆっくり攻略・感想

(ここまでのお話) ◆ここまでのお話 キナの旅 ぴっぴたちの進む道は2つ。 ひとつはキナを探しに行くこと。そしてもうひとつはメルセデスに付いて次の拠点に向かうこと。 ぴっぴはそっとクエストを選択し行き先を確認したのだった。 キナはぴっぴの身...
FF14-冒険日記

6話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編

前回のお話 「ここは雑魚が沸いたらクリブ化して 一掃しないといけないんだけど、 それは私がやるので回復のサポートをお願いね。」 「はい!」 ここは色々と忙しい。ソロ攻略では焦りから床という名の辛酸を何度も舐めらされたことからぴっぴは100F...
FF14-冒険日記

5話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編

前回のお話 「「あ…」」 秘書がいきなり形態変化を使用したことで二人は思わず声を漏らした。 ーこの先生きのこるためのその2ー いざという時には焦らずに形態変化を使用しよう♪ 秘書の訓練は前回に続いてまだ行われていた。 内容は不測の事態に形態...
FF14-冒険日記

4話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編

前回のお話 「今から君たちには殺し合いをしてもらいます!」 コマネチ! のポーズを首を傾けながら決めてぴっぴは宣言した。 と、言いますと? と言いたげな秘書の視線を受けてぴっぴは続けた。 「私が死んでしまったら秘書がひとりで生き抜かなければ...
FF14-冒険日記

3話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編

前回のお話 視線を感じる。とてもねばっこくてじっとりとした視線を。 ( ̄ー ̄)…ムスッ それはぴっぴに向けられた秘書の視線だった。 「私は?」 耐えられなくなったのだろう。遂に秘書が溢した。 その声音は不満で満たされていた。 遂にバレた!(...
ゲーム

4章Cルート:手札をとりあって「タクティクスオウガリボーン」ゆっくり攻略感想

プロローグ 3章のおはなし 私には視える。自分の姿が。 ここはとある地下牢。手枷足枷をされて吊るされているのは行方不明になっているランスロット。ゼノビアの聖騎士である。 その隣に同じように手枷足枷をされた自分の姿が視えるのだ。 きっとその為...
FF14-冒険日記

エピローグ:私をバルデシオンアーセナルに連れてって

現在のエオルゼア冒険譚 過去振り返りシリーズの時を経て 【現在に至ったぴっぴの冒険譚】。やっぱり、役に立ったり立たなかったり、つまらなかったり寒かったりする日記です。 前回のおはなし 「うぉー!ありがとうございます!!」CV:吉田栄作 ぴっ...
FF14-冒険日記

2話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編

前回のお話 ぴっぴは疾走する。 普段のダンジョン攻略では決して使わないスキル「スプリント」を使用して。 少し前ぴっぴは秘書に選択権を与えていた。 「作戦は?」 「作戦…!?」 「ガンガンいこうぜ!とか、いのちだいじに!とか…【おれにまかせろ...
FF14-冒険日記

1話:死者の宮殿ペア攻略(察し)秘書の帰還編

今までの死者の宮殿シリーズ(他) グリダニアのカフェに座るララフェルは何も注文していなかった。ただ涼しんでいたいだけの迷惑客だ。 「あれ?よくここにいるのがわかったね」 目の前に現れたメスラにそう声をかけた。 「何となくここかなって」 「あ...
FF14-冒険日記

結:キャシーイヤリングがほしいんです

前回のお話 深い霧が立ち込めた、闇に包まれたその場所できらびやかな光だけが右へ左へと移動する。 パッチ6.1からどこかへ散り散りになっていた冒険者たちがそれぞれの旅を終えて吹雪舞うエウレカの地へとまた戻ってきていた。 光の元はキャシー沸かせ...